動物園

今日は夢見ヶ崎動物公園へ行ってきました。

d0091177_084774.jpg

d0091177_091844.jpg
落ち葉の季節だからけっこう落ち葉を食べている子が多かったです。
d0091177_093317.jpg
     器用に檻の外へ手を伸ばし…

d0091177_0104382.jpg
       やたら風太らに警戒する鹿

d0091177_0111783.jpg
前足をたん!とやって威嚇してくる。雌なので、たぶん奥に守るべき子供鹿がいるのだろう。
あまりにたん!たん!やってるので「大丈夫だよ。絶対檻の中に入ったりしないし、襲ったりしないよ。あなたも私も同じ地球の仲間だよ。」と言うと、群れに戻っていきました。通じた!



d0091177_013276.jpg
話してみたかった孔雀。わらわらと集まってきてくれました。光に孔雀の羽の模様が映り込んでいる??

じーっと檻に張り付いていたら、通りがかりの観客が「子供の頃、孔雀ってすっごくきれいだと思っていたけど、今になってみると、たいしてきれいじゃないんだよな」とはきすてていきました。

げげ、なんてことを。

動物にはわからないと思われて、心ない言葉を浴びせかけられていることがあります。

「す、すまんねっ、人間てやつぁー時々勝手なこと言うもんでね。ごめんね」と謝っておきました。
私だって子供の頃から今まで、動物たちにひどいことを言ってきたかもしれない。

d0091177_017513.jpg
     なんだか不思議な光だよ!




d0091177_0204993.jpg
うーん。多すぎでしょう。一匹のオスがメスを追っかけ回して、メスはうまいこと団体に紛れ込み、オスをまくことができました。するとオスはちょっぴり探したものの、あっさり見切りをつけ、手当り次第にその辺のメスたちを追い回し始め、全員に逃げられていました。悲。


さてさて。ヤマシマウマのビリーファミリーに会いに行ったんだけどね。

d0091177_0224775.jpg
      母のミドリちゃん。

d0091177_0233318.jpg
      息子のアースくん。大きくなってた!

d0091177_024581.jpg
       父のビリー。


もう、ビリーと母息子は完全に別行動。くぅぅ…
夏にエネルギー流した後はいい感じになっていたのにな。
ビリーはひとり、人間の子供を追いかけ回して走り回っていました。
ごはんも食べず、飼育員さんの言うことももなかなか聞かない。どうしたんだ。
ミドリちゃんは以前のようにぴりぴりしていないのに、ビリー…その無関係度合いはどうしたんだ。

とりあえずオーラを描いていたら閉園時間になってしまった。
家に帰って解析しようと思っていたのだけど、
友達の猫の具合が悪いということで、急遽遠隔でレイキを流し続けることになった。

早く楽になるといいな。

遠隔でエネルギーを流したり流されたりしていると、いつかは遠隔でアニマルコミュニケーションができるようになるのだろう、と感じる。
それと、今一度レイキに取り組んでみようかとも思っている…というか、そういう流れになってきているような気が。

それにしても、やっぱり動物園では「この子」と決めてじーっくりコミュニケーションしなくては、だ。
つい全部会いたくてまわってしまったが、それだとじっくり向き合うことができなかった。。。
[PR]
by Francesca-dS | 2007-11-14 23:52 | アニマルコミュニケーション
<< 酸素と水 風太うち来る記念日12周年 >>