タグ:アニマルコミュニケーション ( 193 ) タグの人気記事

書類の山

私は、全力でアニマルコミュニケーションの準備とセッションをやります。

むか〜し、師に「全力でやるな、サービス精神が旺盛すぎる、◯割くらいの力でやれ」と言われたものですが、

…すいません、できません(笑)


こなれたり、こなしたり、小出しにしたり、うまい塩梅でやる、なんてできないです。


もう、だから全力でもいいじゃないか、と思っています、今は。


ですので、セッションが終わるとへとへとです。
心地いい疲労感なんですが。


ほんとはセッションを復習・反省したり、記録を作ったり、書類をファイリングするべきなのはわかっているのですが、結局クリアファイルに入れたまま、どさーっとファイル立てやデスクの上に置いてしまいます。そんで床に寝転がってのびしてふぬけになって終わります。
セッションを振り返る余裕がないのです。


しか〜し、いい加減整理はしよう、と思い立ちました。
この書類の山(写真は一部ですが)をぴたーっと、びしーっと、ファイルするんだい。

d0091177_21545940.jpg



動物さんたちの写真を見ていたら、涙が出てきました。
「ああ、このわんちゃんはこんなだったなぁ」「このねこちゃんは、ああだったなぁ」と、どんどん思い出し、ほんわかし、「今も元気かなぁ」と思いを馳せます。
亡くなった動物さんの場合も、飼い主さんが伝えてくださったお気持ちを思い出したりします。

そして、感謝の気持ちや愛おしい気持ちが胸いっぱい広がってきます。




しかし、やがて腰とお尻が痛くなり


「今日はここまでっ」。



…まぁ、私らしく、のんびりやることにします
[PR]
by Francesca-dS | 2010-04-19 22:21 | アニマルコミュニケーション

こっちゃんアンダー・ザ・コーヒーテーブル

d0091177_21485739.jpg
うぐぐ…もうちょい


d0091177_2150818.jpg
うぬぅ、とれにゅ


d0091177_21504354.jpg
ほいでは、ばしょかえまちて



d0091177_21511042.jpg
こっちからなら、どうよ?



d0091177_2151395.jpg
うみゅう…

[PR]
by Francesca-dS | 2010-03-29 21:55 | アニマルコミュニケーション

猫さんの愛、飼い主さんの愛


先日、私はアニマルコミュニケーターとして初めての経験をしました。

それは、“クライアントさんの動物さんが天国へ旅立つ”という経験です。

飼い主様から、猫さんが旅立った旨のメールをいただいた時、自分では思ってみなかったほどのショックを受けました。
そして、一日中泣いていたと思います。

その涙の意味は、そもそも動物が亡くなる話に私はとっても弱いこと、
そして、猫さんと飼い主さんの強い愛に衝撃を受けたからだと思います。。。

飼い主様のご了承を得た上で掲載させていただきます。



末期ガンの猫さんでした。

ガンが転移をしてしまい手の施しようが無く、2度目の手術以降、食物もお水ものどを通りにくいような状態ということでした。毎日獣医さんで皮下注射にて水分を摂取している日々でした。
いつ旅立つかわからないということなので、急遽お宅を訪問しました。


美しい瞳を持つ猫さんはベッドに入ったまま、じっと私を見つめていました。

猫さんが訴えてきたことは、
「もう、休みたい。病院へは行きたくない。おうちにいたい。おうちにいてゆっくりしていたいの。」

ということでした。

「でも、病院へ行かないと、死んでしまうよ」
と伝えても

「絶対に行きたくないの。」
の一点張り。
その意思は固いものでした。

そのまま飼い主さんに伝えると、飼い主さんは
「毎朝病院に連れて行こうとすると逃げるので、いやなのは感じていました。でも、行かないと身体も辛いだろうし、死期が早まってしまう。人間のエゴだとわかっているけれど、最期までなにかしてあげたい…」
とおっしゃいます。当然です。一日でも長く生きてほしい、少しでも楽に感じてほしい、そのためにできることはやってあげたい…当然抱く思いです。

でも、私は猫さんの「おうちにいたい、おうちで死にたい、死ぬことを恐れてはいない」という思いを伝えるしかありませんでした。もし、どうしても病院へ連れて行きたいのなら、お願いして連れて行くしかない、と。。。


帰宅してからは、飼い主様の了承を得て遠隔ヒーリングを一日2回行いました。
少しでも必要な癒しが起き、少しでも旅立ちが穏やかであるよう祈って。。。


数日後、飼い主さんから「病院へはもう行ってません」というご連絡を受けました。
私は驚きつつも、飼い主さんが猫さんの思いを尊重したことの勇気と愛情を尊敬しました。
(獣医さんは残念がっていらしたそうですが…それも理解します)

すると、猫さんはだんだんベッドから出てお部屋を歩き回るようになったそうです。
大好きだったブラッシングも再開したそう。
「ああ、最後にいやなことは一切せずに、好きなように過ごせているんだな。すごいな、猫さんの生命力は!」と思っていました。


しかしながら、セッションから十日ほどして、猫さんは旅立ちました。


飼い主さんは猫さんを尊重して自由に好きな場所にいさせたそうです。
「でも最期は私のところに来てね」
と伝えていたそうです。

そして、亡くなる日の夜中、猫さんは何度も転びながら、なんとか飼い主さんの部屋にたどりついて、亡くなる直前には飼い主さんのベッドの横にまで来て、そして穏やかに息を引き取ったそうです。




注射をやめれば、お別れが早まるかもしれないのに、猫さんの気持ちを尊重して注射をやめた飼い主さんの勇気。

最期は静かに独りで亡くなることを選ぶのが多くの動物の本能であり、また身体も思うように動かせなくなっていたのに、最後の飼い主さんのお願いをちゃんと聞いて飼い主さんの部屋にたどりついた、猫さんのがんばりと愛情。
きっと、猫さんは飼い主さんが最後に自分の思いを尊重してくれたことを感謝していたのでしょう。

このふたつのことに、私の胸は打ち震えました。

そして思いました。
私は、この飼い主さんのように、風太と琴の最期に、彼らの思いをちゃんと尊重できるだろうか?
その勇気が私にあるだろうか?






私はアニマルコミュニケーターとして、病気や治療法に関わるコミュニケーションはなかなか難しい問題を含むと思っていて、重篤な場合はお断りすることがありました。

でも、今回の件を経験して、猫さんは最後に自分の思い通りに過ごせたことで短くても幸せだったのではないか、と思えました。
そして、飼い主さんの勇気を見て、私も勇気を持ちたい、と思いました。
自分のエゴを優先するでなく、風太と琴を尊重できる人間でありたい、と。



不思議なことに、セッション前にいただいた猫さんの写真の中の表情が、亡くなった後見ると、変わっていました。
セッション前は、他者を容易く受け入れないような表情が、
いつのまにか、優しく、ふわっとしたものに変わっていました。
気のせいかと思い、何度も見直しましたが、何度見てもそうでした。


数々の大切なことを教えてくれた猫さんと飼い主さんに心から感謝しています。

そして、
「私はこれからもアニマルコミュニケーションがんばるよ!」
と、またまた思っています。



※注
愛にはいろんな選択とあらわし方があると思います。
今回のケースは今回独自の愛の形なのであり、こうでなければならない、とは思っていません。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-03-09 13:24 | アニマルコミュニケーション

犬たちとランチ

今日は、友達と友達のわんこたちとランチしました。
総勢6匹のわんこになり、てんやわんやでした。

いっしょにアニマルコミュニケーションやヒーリングについて学んだ仲間です。

今日はレイキのエネルギーの優しさとか、
癌について、また癌患者さんへエネルギーを送ることなどについて話し合うことができて、いろいろ勉強になりました。

エネルギーとか、ヒーリングとか、アニマルコミュニケーションとかって
いろんなところで教えられていますし、方法や見解は様々ですが、

どこにおいても盲目的になることなく
柔軟性と冷静さをもって学び実践していくスタンスでいたいと思っています。



d0091177_22444951.jpg



d0091177_2245312.jpg


ふたりは今日、楽しみ、食べ、待ち、吠え、気を遣い、おつかれさまの一日でした。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-21 23:02 | つれづれ

体質改善したいぞ

私は子宮内膜症があるようで、更にもしかすると数年前の手術の影響で癒着もあるかもしれなく…
とにかく長年生理痛が重いです。鎮痛剤がうまく効いてくれない時もあります。

ですから、その時期には仕事や予定をできるだけ入れないようにしています。

しかしながら先日は闘病中の猫ちゃん、ということでしたので急遽アニマルコミュニケーションのセッションを行いました。

不思議なことにセッション中は全く痛くなく平常通りでした。
でも、終わって家へ帰る途中でどんどん痛くなり。。。
顔をゆがめて牛歩する怪しい人と化していたでしょう。

火事場の馬鹿力のように、集中していると痛まないみたい。。。
(ハイヤーセルフにお願いしたのもあると思うけど)
気がゆるんじゃうともう、だめみたい。
(ほとんど気がゆるんだ生活なのでほとんど痛い^^:)


マァ、なんにせよ、そういう体質と体調な訳で、なんとか手を打つしか無い。
自分でそうなったんだもの。

一応、治療的なことはしているんですが、不摂生している自覚はあるし、運動や食生活を見直して、本気で改善したいと思います。

今日もとても辛いんで…(T▽T)


おじくんはプチぎっくりだし、なんだか夫婦でぼろぼろでございます042.gif


わんこたちも運動不足になってしまっているでしょう007.gif

d0091177_23234593.jpg


d0091177_23255156.jpg



まずはフルモニ(フルーツを朝ごはんにする)に戻そう!001.gif
[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-14 23:28 | 美容・健康

やさしい息子

風太はしんどい人の横に来て、背中をもったりと差し出して座ります。

「オレをなでて、治りな。」

と言わんばかりに。

人間の身体の辛さを吸い取ってしまったらいやなので、
「なでさせてもらうけど、絶対に吸い取らないでよ!約束だよ」
とお願いして、なでさせてもらいます。

そういうのが、ヤツのやさしさです。



今日もプチぎっくり腰の夫を車で送ったり迎えに行ったりしているのを風太たちは知っています。

夫は食後、床に寝転がって腰を伸ばしているうちにうたた寝してしまいました。


すると、


一旦独りでベッドルームに寝に行っていた風太が、リビングにスタタタタッと戻ってきました。


「おやじ、ちゃんとベッドで寝た方がいいんじゃない?」

と。


「ほら、風太が『ベッドで寝よう』って迎えに来たよ」

と私は言いましたが、夫はなかなか起きません。


風太はその間、寝ている夫に背中を差し出したり、リビングから廊下の方を見て、ベッドルームを指し示します。


もう一度夫に声をかけると、やっと起き上がりました。

そのようすを風太はじっと見上げてました。そしてまた廊下をじっと見ていました。


やっとこさ夫がベッドルームに向かうと風太は廊下を最初は先導し、そのあとは夫の後ろにまわって見守っていました。。。


そして、ふたりはベッドルームに入っていきました。



そんな風太のやさしさに、にんまりしながら


これから皿洗いの私…



あれ、またリビングに風太が来ました。

「ママもいっしょに寝るんだよ。早く」



d0091177_23484585.jpg

[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-10 23:55 | アニマルコミュニケーション

やさしい娘

今日はメールのやり取りがとても多い日でした。ちょっと目が回った(笑)

そんな中、自分のためにワクワクする講座に申し込んじゃいました。
とて〜も楽しみです(^^)/
このワクワク感、久しぶりです。



おじくんが腰を傷めてしまい、会社へ車で送ったり、夜ヒーリングしたりしています。

夕方のお散歩で私が家へ折り返そうとすると、琴がふんばって阻止しました。

いつもはあまり行かない方向に向いて
「あっちに行くのよ。」
と言いました。

「えー、あっち?家と反対じゃない。もう帰るんだよ。」
と言うと
「いやっ、そっちへ行かないっ、あっち行くの。ドーナツやさんに行くのっ」
とふんばります。

「ごめんね、こないだ行ったドーナツやさんへ行きたいのだろうけど、今日はもうおうち帰るのよ」
と説明し帰途につきました。


で、ちょっとして、『琴は腰が痛くてへこんでいるおじくんにおいしいドーナツを買ってあげて元気を出してもらいたかったんだ』ということを感じました。


「そっかぁ、こっちゃんはおやじに元気出してもらおうとしておいしいドーナツを買ってあげたかったんだね。」
と言うと
「そうよ。」
と言いました。

「気づくの遅かった。ごめんよ。やさしいねぇ。あのタイミングではお店に行けなかったけどネ」
と言うと
「うん、いいのよ」
と言いました。


「ま、今うちスイーツいっぱいあるから大丈夫だよ。」
と言うと納得してくれたみたいです。


琴は女の子らしい優しさを持っていて、
今日のヒーリング中もじっとそばに寄り添って、終わると自分のベッドへ入っていきました。

こっちゃんの優しさ、見習わなきゃね。

優しさに触れると、心ほどけて癒されますね。

d0091177_0164149.jpg

[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-09 23:50 | アニマルコミュニケーション

世田谷グルメ


寒い日が続きますね


d0091177_23571761.jpg
春を少しでも先取り。





d0091177_23592227.jpg
意味なくスマイリーこっちゃん登場



寒い日々は、美味しいもので満たしたい。
今日は世田谷のおいしいものをご紹介〜


d0091177_2359394.jpg
三宿にできたドーナツ屋さんFloresta。有機豆乳や無着色三温糖、よつばバターなど良質な材料で作られています。外はさくっとしていて、中は素朴な美味しさで最近気に入ってます。



d0091177_031179.jpg
ちもとの八雲もち。…これは目黒か。マァ、お隣だし(笑)
d0091177_016780.jpg
中身はこんな。黒糖の香りにカシューナッツ入り。ぷるぷるで美味です♪



d0091177_0132464.jpg
台湾肉まんの鹿港(ルーガン)で肉まんとまんとうを購入。黒糖まんとうも美味しいですよ



d0091177_04121.jpg
三宿ラ・テールの大地のパン。お砂糖と油脂は使っていないんですって。
ここのクロックムッシューも好きです。



d0091177_06331.jpg
「おいらのグルメは?」チーズガン見中なり。




d0091177_064251.jpg
「あたちはあたちのグルメちう」

[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-06 23:57 | おいしいもの

幕張の海

d0091177_10255426.jpg
幕張海浜公園に行ってきました。



琴はほんとうはお誕生日に海に行きたかったんだけれど、私の体調がよくなかったので延期してもらっていたのです。

リクエスト通り、“あんまり人とかワカメが多くない海”に行きましたよ。


d0091177_10302977.jpg
駆け出すこっちゃん ヒャッホー


d0091177_10274778.jpg
この写真をズームすると…



d0091177_1032233.jpg
こんなに笑顔






  一方。





d0091177_10341145.jpg
海を背に浜辺から去ろうとする雄犬が一匹。のしのし


こら待て。と、むりやり浜辺のウォーキングを敢行すると


d0091177_1035040.jpg
「あーやだやだ 一歩も歩きたくないね 砂おもいし カフェねーし」




d0091177_1036978.jpg
こんなに楽しくて気持ちいいのにねー


こっちゃんは、ほんとに海が大好き。生き生きしてくれます。
母も海、大好きだよ。

静かですがすがしい海でした(^^)

風さんは山派?…というか、カフェ派・圧倒的に都会派、ですな(´ー`)
[PR]
by Francesca-dS | 2010-02-04 10:53 | 犬とおでかけ

氷が!

昨日は都内、今日は千葉でアニマルコミュニケーションのお仕事でしたが、

今日セッション中に氷(ひょう)が降ってきました! (@o@)
こつんこつん音が鳴り、びっくり!
ワンちゃんも初体験に固まっていました。

友人に借りて読んでいる動物と向きあって生きる―旭山動物園獣医・坂東元には“目からウロコ”がいっぱい!
しゃきっと、なります。
行き帰りの電車で読んでいて胸が熱くなり、泣きそうになり、やばい人です(笑)

旭山動物園シンガポール動物園が行ってみたい動物園です。シンガポール動物園のサイト、素敵ですよ。
アフリカのサファリにも、また行きたいなぁ〜 アフリカの大地を踏みたいっ 朝もやのサファリに行きたいっ 夢夢夢


d0091177_2323616.jpg
あごのせフー

[PR]
by Francesca-dS | 2010-01-29 23:32 | アニマルコミュニケーション