<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

六本木ロブション


わんこたちにはお留守番してもらって
おじくんと六本木ヒルズのラトゥリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションでお誕生日ディナーしてきました。

気軽にカウンターで本格的フレンチを楽しめるのがよいです。
コースはよして、アラカルト攻めにしてみました。

なにもかも美しくて美味しい! さすが〜

d0091177_14202299.jpg
          ワインは香り高きブルゴーニュで。


d0091177_14242315.jpg
このガレットの下にはズワイガニとアボガドとりんごが潜んどります。



d0091177_1425637.jpg
ラビオリ&ハーブのスープ。このラビオリはオトナの苦さがあって美味。

そのほかいろいろいただきましたが、全てが美味しくて、素晴らしかったです。


d0091177_14262488.jpg
おじくんが食後酒をテイスティングして、どちらも美味しくて決めあぐねていたら両方いただいた(笑)


d0091177_14274946.jpg
お店の方々がフランス語で『ハッピーバースデー』を歌ってくださり、お祝いデザートをプレゼントしてくださいました♡

しかもラ・ブティックの方のパンをたくさんお土産でいただいちゃいました。
買って帰ろうと話していたのでラッキー。



食事中に雷&大雨だったらしく、お店を出る頃にはすっかりやんではいたものの、お留守番のわんこたちがびびったのではないかと、急いで家路に着きました。


大満足のお誕生日ディナーでした〜(^^)♪ 
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-30 14:44 | おいしいもの

風太と琴のプレゼント

先日、
「今日はおふくろ(私)の誕生日なんだよー」
と風太と琴に伝えました。

夕方、お散歩のために外へ出ると、風太と琴が自分からはあまり向かわない横断歩道へ一目散。

「めずらしいね、どうしたんだ?」
と思いつつ ついていくと、ぐんぐんどんどん歩いて、とあるペットショップへ連れていかれました。
d0091177_1357751.jpg

              ぐんぐん

d0091177_13572442.jpg

              どんどん

d0091177_13574514.jpg

              ねじねじ


風太たちがウィンドウショッピング?を楽しむ大好きなショップです。

「さぁ!おふくろ、なんでも欲しいもの買っちゃって!おたんじょうびなんだから、遠慮せず!」
と言わんばかり(笑)

そう、風太は
「ふむふむ、今日はおふくろの誕生日なんだな。誕生日といえば、おいらも琴もちやほやされて、朝から(正確には日付の変わった夜中から)『おめでとーーっ』を連呼されて、好きなことしたり食べたりなんか買ってもらったりする日だよな。オレもなんかしてあげたいな。どうすればいいんんだ、どうすれば…」
風太の愛情オーラがつまってみえたので「なんじゃいな」と思っていたら、この「どうすれば…」の思考中オーラだったようです(笑)

それで「そだっ(ひらめきピカーン☆) あそこに連れてってあげよう!」
ということで自分たちが大好きなところへ連れてってくれたのでした。

可愛いポメラニアンの子犬を見て店内ぐるりとまわって何も買わずに出てきたけど、とってもとってもうれしい心遣いだったよ。

d0091177_13575646.jpg
           「ねえねえ、楽しかった?!」


ええ、そりゃもう、、、じんわり…うれし涙。(・_・、)
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-30 14:07 | アニマルコミュニケーション

オーラ


『オーラが肉眼でばっちり見える』といううらやましい方(笑)とお話しました。

私はオーラは第6チャクラで見ていて、通常は肉眼では見てません。
でも肉眼で見ることにも興味があるので、いろんな質問させてもらいました。

それで実際に目の前にいる人の頭上のオーラを二人して見てみました。
そしたら二人とも同じ色に見えていました。
第6チャクラで見ても、肉眼で見ても同じだったということです。
あたりまえっちゃあたりまえだけど、「へぇ」とプチ発見の気分。

私の場合「肉眼で見ることができるとさぞかし確実性を感じられていいだろうな」と思いどうしても肉眼で見てみたくなるのだと思うのですが、オーラを見ている時のちょっとあやふやな感覚とかは別に肉眼で見ててもあるもんだと聞き、納得しちゃいました。

どっちみち、あやふやな世界。でも絶対に存在するのもの。現実。

我々誰しもが元々持つ能力や、未知ながらも絶対的に存在する世界をどれだけ認め受け入れることができるかってところが大切なのでしょう。

そして、いろんな受信の仕方や体験の順序があるのです。
決してひとつの方法や順番では無いので、いろんな人の話を聞いて柔軟性を持っとくのも大切だな、って思いました。

肉眼で見えるカラーのオーラはとっても綺麗みたいです〜☆
いつかばっちり見えたらやっぱりうれしいなァ〜♡ (^ー^)
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-27 23:30 | スピリチュアル

SMILE!


この数日間で、素敵な発見への道のりを歩かせてもらいました♡



赤ちゃんや子供の時に自分のまわりの人が笑っていなくて、ハッピーそうでないことを感じると、
「それは自分のせいだ」
と刷り込んでしまうことがあるのではないかと思いました。

実際はそうじゃなくても、それだけ『笑顔の反対』は、見ている人のこころを不安にさせ、さみしくさせるのでしょう。

そういう思いをもって大人になると、似たような場面に遭遇すると、自分を責めたり卑下したりしていたことに気づきました。


そしてそれは自分のヒーリング道を閉ざそうとしかねないことにも気づきました。


「あの人を笑顔にしてあげられない、幸せに感じさせてあげられない」→「そんな自分に人を癒せるわけがない」→「結局私は役に立たない」
みたいな図式が自分のなかに作られてしまっていたのです。

私はきっとまわりの人に『笑顔でいてほしい、幸せを感じていてほしい』と思っているのだと思う。もしかしたらそれが自分の魂が決めた使命のひとつなのかも知れません。
でもそううまくはいかないもんだから、こころの中でいじけたりぐずったり怒ったり泣いたりしているのかな。

で、どうしたらいいのかな、とぼんやり想う日々。

それでたどりついたのは

『自分が笑っていればいいんじゃん』

ってことでした。そして

『自分が幸せを感じていればいいんじゃん』

これだけでした。なんだー。


そしてまるで「そうだそうだ、その通り!」とでもいうように、テレビやまわりの人との会話、字面からそういった言葉が降り注いできます。


なんだか、また歩めそうです。



d0091177_2325891.jpgd0091177_2331057.jpg



君たちみたいに、いつも SMILE , SMILE♡だね。
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-27 23:05 | ヒーリング

暑い夏の一日♪


今日、電車の中でうたた寝している白人の方を初めて見ました。

私が住んでいたニューヨークの地下鉄では、居眠りをする人がいなかったんです。
私も眠りませんでした。
日本では、けっこうみなさん眠りますね。

「この方も郷に従ってるんだなぁ〜 やっぱり実際に眠れちゃう安心感なんだなぁ…」
と、思いました。
この安全、いつまでも続いてほしいですけど。

あと、余談ですが、ニューヨークの人はちょっとやそっとの雨では傘をささない人が多かったです。なぜなんでしょう?! 駐在員の間では『NY七不思議』のひとつでした。あとの6つは覚えていません(笑)

もひとつ余談ですが、マンハッタンでは人々があまり横断歩道を渡りません。あんなに交通量が多いのに盛大に横切ります。
なので、うちの風太は未だに横断歩道の無いところで大通りを横切ろうとします。
止めると「なーんで渡んないんだよ?!」ってものすごくバカにします。トホホ。
d0091177_20135923.jpg




なんだか居眠りガイジンさんのおかげでいろいろ思い出してしまいました。
…でも、イギリス人だったかも知れませんね(笑)



今日あるショップでお買い物していたら、そこにいるお客さんが全員7月生まれということがわかりました。こんなことってあるんですね。

「ちょいとダイエットしなきゃ、かな〜」と思っていたのですが、なぜかパンツのサイズがひとつ減っていました。なんでよ?
きっとパンツの規格が大きくなったんだね?!


おじくんがくれるはずの今年の誕プレ、既に大決定しているのですが、なにしろ手に入りません(笑)
付属アクセサリの手配ばかり進んでしまいます… わはは。

でもこの期間が楽しみなんだなー(^^)
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-24 20:18 | つれづれ

間一髪



d0091177_018379.jpg
        「どもー。ごぶさたしてます、風太です。」



d0091177_0193024.jpg
        「いや〜 今日は間一髪だったね」



お散歩中、金物やさんの前を通ったら、壁に立てかけてあった商品の網戸みたいなものが風にあおられて、ぐあーっと風太と琴の載っているカートにおおいかぶさってきました。
とっさにむんずとつかみ、ことなきを得ました。

間に合わなかったら激突してたよ… 私よ、ナイス。



d0091177_0225294.jpg
        「おふくろもちったぁ役に立ったわけです♡」

えへへ。
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-23 11:58 | アニマルコミュニケーション

プログラム


このブログ、書いている私を知っている人も読んでいるから
なんだか内容によっては書きにくくなってきました(笑)

単なる犬バカブログに徹するのもいいのだけど、
(最初はそのつもりだった)

アニマルコミュニケーションを始め、その中での気づきもメモっておきたい、と思って綴ってきました。
でも少々難しくなってきた感あり、です。。。


さて、先日ヒーリングの授業を受けていると、頭が痛くなってきました。
いわゆる孫悟空状態です。

終わった後は気持ちわるくなってきました。
エネルギーもあまり感じられず、鈍ったように思いました。

「暑さで体調がすぐれないのかなー」と思ったりもしましたが、


「それは深いところに抱えているプログラムが出てきたということです」


との御指摘があり、思いもよらない展開に、びっくり仰天です。


「これはなんとかしないと、ヒーラーとして前へ進めない〜」と思い、
ハイヤーセルフに導いていただくと、プログラムが出てきました。

  『私は何の役にも立たない』

というプログラムでした。


どうしてそういうプログラムに至るようになったのか、理由がたくさんあり、自分なりに納得しています。

でもその内容はここには書けないので「ブログにこんなこと中途半端に書いても意味無いかなー」なんて思ったりもしており。


ま、とにかく

このネガティブ・プログラムを解放すべく、向き合わなくてはなりまへん。

またお勉強テーマを与えてくだすってありがとうございますです。ほほほ…
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-22 15:16 | スピリチュアル

ヒーリングゥ♪


ずーっと自分以外の人々や動物のヒーリングをさせていただいて、
それはありがたいことですが、
やはり自分もしてもらいたい! もう限界! 誰か私を癒して!(笑)

…というわけで
久しぶりにヒーリングを受けてきました〜
やっと、やっと受けれたよ(喜)


よしよししてもらった私は、眠りに落ちていきましたが
夢の中で子供の頃の私がにっこり笑っていました。


自己ヒーリングはある程度はやっているんですけど、やはり人様に癒してもらうことは必要であります!

ありがたや。

これでまたすっきりと前向きに他者へのヒーリングに励めるってもんです。
ええ、私はこんな程度の人間です。



足取り軽やかな帰り道に。
d0091177_2333428.jpg

[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-17 23:09 | ヒーリング

犬の敬意


親の買物に付き合い、家の掃除と浄化もしてきました。

帰宅して犬の散歩後、友人など人間3人とにゃんこちゃん1匹に遠隔ヒーリング。



お散歩中に出会ったワンちゃん、
「生き生きピチピチしているけどやけに目のエネルギーが弱いな」と瞬間的に感じつつ、初めてお会いした飼い主さんと蚊に刺されながら立ち話していたら、そのワンちゃんは2歳で白内障になり、5歳の現在、網膜剥離で完全に目が見えないとのこと。。。

でもとてもそんなふうには見えませんでした。
生き生きと葉っぱの匂いを嗅ぎ、マーキングして後蹴り蹴り。
風太や琴の肛門にぴたりと突進して匂いを確認。
まるで見えているようです。

完全に見えなくなってからの方がしっかりした動きになったそうです。
見えづらい段階の方が怖がっていたみたい。。。

しかーし、風太殿は
「くんくんくん…うりゃあ〜っ オレさまは風太だぞぉーっ なめるなーっ」と耳元で吠えてるし、
琴姫は最初は「うふふ」と仲良くしていたものの、途中からそのワンちゃんにママ(私)を奪われまいと「にゃーっ だめーっ ママはだめーっ」とかうなってるし、

「ちょっと、アンタたち、もうちっとやさしくしなさいよ」
と諭してしまいました。風太には軽く説教も。


でも、後で考えてみると、人間なら目の不自由な人が目の前にいたら「困ってないかしら」などど気を遣うものだけれど、
犬たちは「そんなことは本質には関係ないぜ!」と、とらえている気がしたのです。

風太も琴もとってもやさしい心の持ち主だと思います。
しかし、そのワンちゃんに特に容赦しなかったわけです。
そのワンちゃんは目は見えなくともしっかりと生活し、やることやっていて、
それに対し風太たちもやることやっていただけなのです。
みんな、自立した存在なわけで。同情なんて不要。

これって彼らなりの敬意の払い方かも、と思いました。

動物ってほんとに本質ついてるよなぁ〜 というか、それしか無いかも!
すごいすごい。勉強になるよ。
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-17 00:36 | アニマルコミュニケーション

オーラの色


初めてオーラビジョンという機械で自分のオーラを見ました。
寒色系が多かったかな?(印刷していないので既に忘却)

実験として、男性にわざと「可愛いよ!」と言ってもらうと、オーラがどう変化するかやっていたのですが、みごとにきっれい〜なピンクオレンジに大変化し爆笑。オイオイ…わかりやすすぎる…
「可愛い」って女性としてシアワセで満たされる言葉なんですねー

「エネルギー的には素直だね」と言われ。(笑)

オーラの色ってどんどん変わるのです。ほかのみなさんもとても綺麗でした。
でも、機械で見るのと、実際に第六チャクラで感じるのとではちょいと違いがあったりもします。
もっともっと見られるように、感じられるようになりたいなー。

トマトのオーラを肉眼で見てみたら、真ブルーで綺麗でした。
でも一瞬でピントずれちゃんうんですよねぇ。


オーラの見え方を図解してくださっているサイトとか、ほんと〜にありがたいです。
勉強や研究の過程、体験のシェアは、自分の感覚を養ってくれるのでありがたいのです。
アニマルコミュニケーションの勉強過程の話も然り(内容はダメよん)


特にまだ自分が経験したこと無い素晴らしい体験、神秘的な体験などは
「いつか自分もそんな体験できるのかな!わくわく♡」って思えるので、

健全なものならどんどんさらしていただきたいです(笑)



ただ、なんでもそうですけど、どんな体験も自分なりのタイミングや現象や種類であったりするので、他人と比較しちゃあ〜イケマセン。

比較するならせいぜい過去の未熟な自分とですね☆

昨日の自分より今日の自分の方が人生ベテラン化してるわけですから♪
(そして今日の自分は明日の自分より未熟者!です)
[PR]
by Francesca-dS | 2008-07-14 09:55 | スピリチュアル