カテゴリ:アメリカ渡航準備( 4 )

アメリカ大使館・ビザ面接

米国ビザ取得のため、アメリカ大使館へ面接に行ってきました。
ここまで長い道のりでした。(私はあまり何もしてないけど)

にわか大雨の中、大使館に着くと、若人たちの長蛇の列!
たぶん留学予定の方々でしょう。
駐在員のEビザ申請ということで、列の先頭に入れてもらいました。
(アメリカ大使館側から面接日時を指定されているのです)

15年前と違って、入館までのセキュリティ度がアップしています。同時多発テロの影響でしょう。携帯電話、USB、飲食物など一切持って入れません。

2度ほどバッグや身体のチェックを受けた後、面接場へ。

まず機械で指紋を取るのですが、ここで軽く問題発生。

夫は一発OKだったのに、私は何度やってもよく写らないらしい。

しまいにゃ
「うつりが悪いですねぇ。主婦の方とか、炊事で荒れていて写りが悪いことが多いんですよね。皮膚が割れてたりしてね」

と言われ、なんか悔しくて(?)

「そんなに炊事やってませんっ」

という変な反論してしまった。どの部分の負けず嫌いだ。

「ウェットティッシュで指先拭いて」「濡らし過ぎないで、ちょっと乾かして」
「もっと指を画面に強く押し付けて」「強すぎっ」

とかいろいろ注意され何度かやって無事採取。
「こんなところでひっかかるとは…」と夫に苦笑され。


そのあと、アメリカ人による面接です。
夫はガラス越し英語で仕事内容など質問され、さくさく答えていました。

さて奥さんは…あまり英語が話せないと思われているのでしょう、いきなり日本語に切り替わりました。

面接官「アナタハ、アメーリカデ、ナニヲシマースカァ?」
「主婦ヤリマース」

面接官「イイデスネー デモ、大切なコトデス。」
「がんばりまっ」

面接官「簡単ナ、面接デースネー。ビザは許可サ〜レマァシタ。」

以上、終わりです。ぶっ
そしてここで急に英語で「人差し指でまた指紋とってね」と言われ、またまた苦手な指紋採取です。
今度はうまくいった模様。

これで数日後、ビザが追加されたパスポートが郵送されてきます。
申請から1ヶ月半かかりましたが、順調なケースです。

大使館と言えども、そこはアメリカ。セキュリティ以外はなんだか大らか…マァ、大雑把ともいいます。

「ああ、アメリカへ行くのね。きめ細かい日本とはちがうんだ」
と実感し始めました。

日本のシステマティックな要領の良さは感動的です。
特に一時帰国中の免許更新の時、感じました。



15年前、同じくビザ面接の順番を待っていた時、目の前のブースで赤いロンゲの男性が(黄色だったかな?)面接を受けていて、後ろ姿が X-JapanのYoshikiみたいで
「なんだかYoshikiみたいだね〜 超、似てるぅ 超Yoshiki」
なんて若かりし頃の無礼な私は夫相手にささやいていていました。

しばらくしてその方が面接を終えてこっち向いたら


…ホンモノだった(゚Д゚)


なんてことがありました。

今回はいなかったです。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-07-02 19:20 | アメリカ渡航準備

Sherpa Bag

d0091177_1432916.jpg
こっちゃん新しいバッグにやや緊張の面持ち



d0091177_14325039.jpg
「オレこのバッグ知ってます」風太余裕の面持ち



d0091177_14333213.jpg
このバッグで飛行機に乗ってニューヨークに行くんだよー
ふたりとも素直にすっぽり入って落ち着いてくれちゃってよかった〜



小型犬は航空会社によっては機内に持ち込めます。規定のサイズのバッグに入ることが条件です。また重さもある程度基準があるようです。ポメラニアンくらいは余裕でしょう。
現在日系航空会社は機内持ち込み不可になってしまっています。
成田ーニューヨーク直行便も減りましたので、おのずと航空会社が決まってきます。

このバッグはSherpa Bagといって(なぜか日本ではシェルパと発音)アメリカのエアラインで認可されている、とのことです(ミディアムサイズ以下だと思われますが)

風太は昔このバッグ持ってたのね。グリーンでね。ぼろっちくなってバイバイしましたけど。
今回はおじくんがニューヨーク出張で買って来てくれたんですけど(1個約60ドル)、以前より作りがしっかりしていてひしゃげることがなさそう!よかった〜

あとで、ビジネスクラスはもっと大きいバッグでもよさそうなことがわかったんですけど、ま、シャーパなら間違いないから良しとします。

ちょっと狭いけど、我慢してがんばってね、風太、琴。

d0091177_2315245.jpg
身でいっぱいっす




話かわって、エキサイトブログがとうとう広告入りになるとか!
広告がないところが気に入っていて、ニューヨークへ行ってもまたエキサイトにしようと思っていたけれど、別のところにする可能性が大きくなりました。
元々新しいブログとこのブログとはリンクさせないつもりではいたんですけど。

7月から実施らしいですが、私もどんどん忙しくなるでしょうし、このブログも6月で閉じるかも知れません。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-06-23 14:45 | アメリカ渡航準備

いたずらっここっちゃん

今日は引越し屋さんが見積もりに来てくれました。

こっちゃんにとって、来訪者は誰も彼もお友達。

引越し屋さんが書類の説明のため、メガネをかけようとメガネケースを開いてコーヒーテーブルに置いたとたん、中に入っていたメガネふきを琴がササッと取ってひらひらさせながら逃走。

完全に
「うひゃひゃっ あたちはワルよ、追いかけてごらんなしゃーい!」モード。

すぐ奪い返しましたけど…引越し屋さん、ごめんなさいです。

d0091177_21594243.jpg
「うひゃひゃ」



見積もりをとってくださった方はベテランさんで説明が非常〜にテキパキしていて、ぼんやり主婦はついてくのがやっと。
大幅に聞き漏らしてそうです(^^;)

「やはり社会に出てないと、テンポはゆるむばかりねー」と感じながらまたも聞き逃す、みたいな。


終わってから、思ったよりも疲れてしまったらしく、小一時間ほどお昼寝してしまいました。

あはは。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-06-15 22:14 | アメリカ渡航準備

渡航準備1

…ってほどでもないのですが、

アメリカ駐在において、日本からアメリカに持っていった方がいいと個人的に思う物がいくつかあります。

そのひとつが、『まな板』です。

そもそもまな板は木のものが好きです。
プラスチックのはなんだか滑る感じがしてしまって苦手。



15年前の彼氏がニューヨークに転勤になることをきっかけに結婚することになりました。

そして数ヶ月後、ビザをもらうため年明け早々先に入籍し、アメリカ大使館にビザをもらいにいき、数日後結婚式をあげ、ニューヨークに発ったのでした。(ハワイに寄ったけど)


ずっと実家で暮らしていて、初めて結婚したので、当然キッチン用品などひとつも持っていなくて、和食器以外はほとんど現地で調達しました。

「まな板なんて、世界中の人が使うっしょ」

と思っていました。ま、確かにそうですよね。

そして、ちゃんと(?)Williams Sonoma(日本には今はなきウィリアム・ソノマ)でそこそこのまな板というか、結構厚みのある木製のカッティングボードを購入しました。

しか〜し!

これがなんか臭い!

洗っても何してもくちゃい!

そして!

すぐに反ってしまったのです。。。

まんなかがへこんで、包丁をたん!とやっても食材の真ん中が切れてません(泣)



しかたがないので、ニュージャージーの当時のヤオハン(現在はミツワ)に行って、日本製の一枚板のまな板を買い求めました。



結局これを使うこと十数年、今も現役です。
手入れはいい加減ですので傷はついていますが、一切反ることもなく活躍しています。


ですから今回も日本製の一枚板のまな板を数枚持っていこうと思っています。



四万十川のひのきのまな板が気になっています。

四国ってなんかお気に入りなんです。
「四万十川のひのきですと?!」
とピピンと来てしまいました。

四国には二度しか行ったことないのですが、とにかくパワーを感じるのです。
一度は祖父母とお遍路にゆき
もう一度は親戚一同と阿波踊りを観にいきました。
(阿波踊りは‘観る’というより‘体感する’感じです)

川のパワー、海のパワー、緑のパワー、阿波踊りのパワー。
鳴門なんてうずまいてるし、もう、なんだか全て鳥肌もんなんです。
野太っくて、でも澄んでいて。茎ワカメも美味しいし。

と、いうわけでたぶん四万十川のひのきのまな板で決定です。
[PR]
by Francesca-dS | 2010-06-11 19:03 | アメリカ渡航準備